よくクレジットカード現金化は、闇金と同じように思われることも多く、闇サイトが運営しているイメージを持つ人もいるかもしれません。では、果たしてその実態は一体どのようになっているのでしょうか。

闇金と現金化は根本的に違う

クレジットカードの申し込み

闇金はお金を貸し付けることを目的としていることから、いわゆる貸金業者となっているわけです。もっとも、そのほとんどは貸金業の登録を行っておらず、法定金利を遥かに超えるほどの高利子を請求しているので、完全な違法営業となるわけですが。

一方でクレジットカード現金化を営んでいる業者は、決してお金を貸し付けるわけではありません。利用者がカード決済で商品を購入して、それに対してキャッシュバックをしたり買い取ったりするシステムとなっているのです。そのため、あくまでもお金を借りているのはカード会社に対してであり、現金化業者から借入をしているわけではないのです。

なぜ闇金と混同されることが多いのか

お金持ちの持つブラックカード

では、クレジットカード現金化が闇金と混同されるのは、どういった原因があるのでしょうか。まず、現金化業者の中にも悪質業者が一定数存在しており、詐欺や個人情報を悪用する目的で運営しているところもあるのです。また、闇金を営んでいる業者が、現金化の方も並行して運営しているケースもあるのです。

こういった悪質業者が存在しているせいで、闇金だと勘違いされてしまい、同じように危険な存在だと思ってしまう人も多いのです。特にネットが普及したことで、容易に現金化サービスを提供できる時代になったので、それも大きな要因となっているのです。

優良業者を利用すれば全く危険なことはない

ショッピング枠の現金化
逆に言えば、優良なクレジットカード現金化業者を利用すれば、闇金と違って危険なことは全くないのです。安全面はもちろんのこと、還元率の方も良心的となっているので、お金に困っている人には非常に有難い存在になってくれるでしょう。

なので、まずは業者選びをしっかりと行うようにして、ネットの情報や口コミなども参考にしつつ、安心して利用できるような業者に申し込むようにしましょう。

もちろん計画的な利用は大前提

ただ、たとえクレジットカード現金化であっても、カード会社から借金をしているという事実に変わりはありませんから、銀行や消費者金融からお金を借りる場合と同様、計画的に利用することが大前提となります。

いくら優良な業者であっても、返済するのが困難になるほど利用してしまっては、支払い遅延になって信用情報に傷が付いたり、今後のカード発行やローンの申し込みに影響を与えてしまうかもしれないのです。

くれぐれも怪しい業者には手を出さない

闇金はもちろんですが、明らかに悪質と思われるような現金化業者には、絶対に手を出さないようにしましょう。いくらお金に困っているからと言って、安易にそういった業者に申し込んでしまうと、多額の金利を要求されてしまったり、カード決済をしたにも関わらず現金が振り込まれないなどの、詐欺被害に遭ってしまいかねないのです。

まずはクレジットカード現金化について調べてみる

今は特にお金に困っていなくても、今後お金が急に必要となる場面があるかもしれません。そうなった時のことを考えて、まずはクレジットカード現金化について調べてみるといいでしょう。安全に利用する方法はもちろんですが、どうすれば少しでも高い還元率で利用できるかなど、お得に利用するための方法なども調べていきましょう。